Project Description

医療法人社団プラタナス イーク丸の内様

「都心型クリニックが必ず抱える”スペースの問題”を
ブレイクスルーできたことが最大の効果です。」

カルテ保管スペースの逼迫が問題に

イーク丸の内では、開業から5年を経過し、院内でカルテを保管していく事に限界が来ていました。どういう対策を講じたのか、白根 真 事務長にお話頂きました。

「院内のカルテ棚では保管しきれなくなっていたので、2年程前からこのビルの地下の倉庫を借りました。が、そこもすぐに埋まってきてしまった為、なるべく詰めて収納していたのですが、ギュウギュウに押し込んでいるので、探しにくい、戻しにくい、他のカルテの間に挟まってしまうなどの問題が出てきました。

その為、一部の書類をピックアップして廃棄し、カルテファイルのダイエットを図ったのですが、それも対処療法でしかなく、根本的な解決にはならなかったので、このままでよいのか?と、1年前くらいから、カルテの保管が本格的に問題になりました。

対応策の検討

「最初はカルテを全てデータ化して原本は廃棄し、データはネット上でいつでも見られるような運用をイメージしたので、いくつかのシステム会社に相談しました。ところが、情報収集してわかった事は、データ化するのはとにかく高い、という事でした。何百万、下手をすると1千万ものコストがかかるのは、あまりにも現実的ではありませんでした。

そこで、”物理的に外部委託する”対応策に切り替えたのです。向かいのビルの地下に倉庫を借りる事も考えましたが、ピックアップしに行く手間、歩いて運ぶ手間ももちろんですが、何よりその際の紛失などのリスクが高過ぎるという判断になりました。

その為、専門業者に委託する方向で、”セキュリティ”・”コスト”・”医療機関での実績”という3点を重視して、再度、情報収集を始めたのです。そして2社を選定したのですが、1社はとてもセキュリティが高かったのですがその分コストも高く、もう1社は魅力的なコストだったのですが入出庫時に検品をしないという事で不安がありました。」

標榜科目
内科、婦人科、乳腺科

コンセプト
1.女性のスタッフによる、女性特有の疾患に注力した健康診断
2.高度な医療機器による、精度の高い乳腺、婦人科検査
3.女性のライフスタイルを支援する統合的な外来治療、相談

院長経歴

高知大学医学部卒業
高知大学医学部附属病院 勤務
社会医療法人 近森会近森病院 勤務
医療法人社団プラタナス イーク丸の内 勤務
医療法人社団プラタナス イーク丸の内 院長就任

資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本医師会認定産業医

外部保管先選定の決め手

「そこで、もう1社、話を聞いて比較してみようという事になり、HPを見てセキュリティが高そうだと感じたSRIに問い合わせました。」

――決め手になったのはどのようなポイントでしたか?

「先述した重視ポイントの3点のバランスが良かった事もありますが、

“デリバリースピードの速さ”と”臨時対応への柔軟性”があって、”管理フローの提案”が他社にはないものでした。

開業以来、カルテは廃棄する事を前提に管理してこなかったので捨てられるもののピックアップはできなかったのですが、”廃棄しやすい”効率的な管理が行えると感じました。

ちょうど院内の改装を控えていたのですが、時間のない中で対応してもらえて、運用開始までの作業プロセスとスケジュールがわかりやすくイメージが見えて安心感があったので、即決しました。」

導入効果

運用を始められて、業務効率の改善など効果は見られますか?

「まず、カルテの半分を、年度別にSRIに保管する事になったので、自分たちでピッキングする作業が大幅に減りました。ただ、それはあくまで二次的なものであって、一番は物理的な解決ができた事です。

スペースの問題は、限られた中で運営していく都心型クリニックが必ず抱えるものだと思います。それをブレイクスルーできた事が最大の効果です。

患者数も安定してきた事もあり、現状の体制で5~10年はスペースの問題に悩まされる事なく、継続できる目処が立ったと事は大きいと感じます。

「来年の春には分院ができる予定ですが、こちらは最初から外部保管を有効活用していく事を前提として、今回の運用を生かしていきたいと考えています。」

今後に向けて

これからの目標や課題はどのような事でしょうか?

「分院を開設すると、今まで丸の内を利用していた受診者が、分院に移るケースが出てきます。その際に、カルテをどのように運用するかが今後の課題です。

保管場所が丸の内とSRIの倉庫に加え、ひとつ増える訳ですから、管理の仕組みとデリバリーの仕組みを、再度検討する必要があるかと思っています。」

導入事例に掲載されている法人名、個人名、コンテンツは、お客様より許可いただいた上、構成・公開しております。

医療法人社団プラタナス イーク丸の内様

イークは「すべての女性の健康(health)のために、内科、婦人科、乳腺科などが従来の診療科の枠を越え、重なり合う形で一緒になり(integrate)、新たな挑戦をしていく医療機関(clinic)」という三つの言葉を組み合わせた基本医療コンセプトから名付けられ、古代マヤ語で「風」を意味することから、「女性の人生に良い”風”を送り込みたい」との思いで、「女性のライフスタイルを総合的に支援するクリニック」として女性のニーズに応える医療サービスを目指しています。

*本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページ の閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

カルテ・レントゲン管理ソリューションのパンフレットを御覧ください

本パンフレットでは、弊社クリニック向けカルテ・レントゲン管理のソリューション内容だけでなく、多くのクリニックが直面するスペースの問題・手間の問題・患者情報管理の問題をSRIソリューションを通じて解決した事例・運用フローなども掲載しております。

個人情報管理のリスク低減とともに、業務負荷の低減、管理コスト・人件費の削減につなげられるSRIカルテ・レントゲン管理ソリューションをぜひご検討ください。