リソース不足でも解消できる、次世代クラウドを活用した契約書の効率的管理  ~他社事例を交えながら分かりやすく契約書管理についてご説明します~

リソース不足でも解消でき、低予算でも実現できる 働き方を変える契約書の効率的管理
 ~他社事例を交えながら分かりやすく契約書管理についてご説明します~

セミナー概要

コンプライアンスやガバナンスの強化がより一層求められる昨今、企業法務の重要性はますます高まりを見せています。
一方で、働き方改革断行の年といわれる2017年は、労働時間の短縮と生産性の向上が最大の経営課題となっています。

そうしたなかで、重要文書である契約書の管理は、重要ではあるけれども、そればかりに時間を取られてもいられない、非常に悩ましい業務のひとつになっていることでしょう。

会社の事業が拡大すればするほど契約書の数はどんどん増えていきます。
管理がしっかりできていないと、法務部や総務部などの管理部門では、契約内容の更新や他部署からの問い合わせ対応のための検索・確認作業に多くの時間と人員を割かれ、他部署にもストレスを与えてしまいます。

スキャン保存を推進していくにも、これ以上の追加業務にはとても対応ができないという状態に陥り、管理方法の効率化と厳格化の両立には、頭を悩ませながらも有効な解決策を見いだせずにいるのが現状かと思います。

かといって、検索やスキャニングのために人員を配することは難しいですよね?

今回のセミナーでは、労働時間の短縮と生産性の向上を、低予算で実現できる効率的な管理方法をご紹介いたします。

 

文書管理のプロが解説!領収書・契約書等のスキャナ保存制度の見直しについて

企業活動の中で、日々大量に発生する紙帳票。

2016年1月14日に、領収書・契約書などのスキャナ保存を認める規制緩和が閣議決定されました!

昨年の日経新聞の記事にも掲載されたましたが契約書及び領収書に係る金額基準(現行:3万円未満)の廃止だけではなく、いくつかの規制が緩和されました。

当社のセミナーでも、国税関係書類にかかるスキャン保存制度の内容の解説から、企業側が紙から電子に切り替えていく上で有効的な方法をわかりやすくご紹介します。

「紙帳票を含む文書管理をどこから手をつけていいかわからない」という担当者様、ぜひこの機会をご活用ください。

また、都合等でセミナーに参加されない方も当社にお問い合わせ頂ければ文書管理のご相談に応じますので下記お問合せ先までご連絡ください。

管理部門の方、こんな社内の契約書に関する問題を解決します

――― 契約書管理体制 ――――

  • 部署・支店ごとに契約書の管理状況がわからない。
     社内で一括管理できるようにしたいけど、どうしたらいいの?
  • 契約書の期限管理ができていない。
     自部門はエクセルで期限管理しているけど、他の部門・他拠点は契約までは……。
  • 契約書の原本が見つからない。
     データはあるけれど、肝心な契約原本が紛失……。

――― 震災対策 ――――

  • 契約書は自社管理、震災が起こったらどうしよう。
     首都圏直下型地震は高確率なのに、重要な契約書を内部で管理したままで良いのか?

上記のような課題をお持ちの方、ぜひセミナーへご参加ください。他社事例を交えながら分かりやすく契約書管理についてご説明いたします。

当セミナー受講者の声

契約書管理のノウハウを学ぶことができてよかった。

法務部, 機械メーカー

思ったよりもコストが低く済みそうで大変興味深くうかがっておりました。

上長にも相談してみます。

法務部, IT

今まで出来ていなかった期限管理ができそうなので興味があります。

法務部, 電気機器メーカー

文書管理の進歩を体感することができ有意義でした。

法務部, 製造業

いろいろ課題が山積みしております。無料診断をお願いします。

法務部, 医薬品

開催概要

日時

出張セミナーのお申込も承っております。

4月7日(金) 15:30 – 17:30 ※受付終了しました

4月21日(金) 15:30 – 17:30 ※受付終了しました

 

場所

会場

株式会社セキュリティリサイクル研究所 東京本社 セミナールーム

東京都中央区日本橋本石町3-1-2 FORECAST新常盤橋 6階

>>詳しい交通アクセスはこちら

主催

主催 : 株式会社セキュリティリサイクル研究所

対象

法務部、契約書管理のご担当者さま
※競合にあたるお客さまについてはお断りする場合がございます。

定員

15名

参加費

無料(事前登録制)

タイムテーブル

 受付開始
約40分

「SRIの考える契約書管理のあり方」

文書管理における問題点と課題を洗い出し、「キーポイント」をいかに抑えていくかご説明します。

約60分

「SRIの契約書管理システム(SRIクラウド for 契約書管理)」

「紙と電子」という媒体の差に関わらず、「キーポイント」を同時に管理できる事がSRI クラウド for契約書管理の最大の特徴です。
SRIがご提案する管理体系を、事例やシステムのデモをご覧頂きながら解説します。

約10分質疑応答
 終了
 

個別相談会

セミナー終了後に個別相談を承ります。セミナーでは聞けなかったご質問や文書管理に関するお悩みなど、どうぞお気軽にご相談ください。

お申し込み

下記フォームに必要事項をご記入ください。