【法律のプロと文書管理のプロが解説!】『法務の生産性を上げる、実践的かつ効率的な「契約書管理」とは?』

Home/セミナー情報/【法律のプロと文書管理のプロが解説!】『法務の生産性を上げる、実践的かつ効率的な「契約書管理」とは?』
【法律のプロと文書管理のプロが解説!】『法務の生産性を上げる、実践的かつ効率的な「契約書管理」とは?』 2017-06-09T18:33:20+00:00
リソース不足でも解消できる、次世代クラウドを活用した契約書の効率的管理  ~他社事例を交えながら分かりやすく契約書管理についてご説明します~

【法律のプロと文書管理のプロが解説!】弁護士×文書管理コンサルタント
『法務の生産性を上げる、実践的かつ効率的な「契約書管理」とは?』

~弁護士による基本的な法律知識の解説と、文書管理コンサルタントによる実例を交えた具体的な管理手法の解説で、契約書管理のベストプラクティスを導き出します~

次回開催日程をご連絡いたします

セミナー詳細ページを御覧いただき、誠にありがとうございます。
多数のお申し込みを頂き、5月・6月の追加日程も満員となりました。

本セミナーは毎月の開催を予定しております。
下記受付フォームにて“次回開催連絡希望”で登録して頂きますと、募集開始の際、また、キャンセルが発生した際に優先的にご案内いたします。
ご案内後、必ずしもお申し込みの必要はございません。
ぜひご利用ください。どうぞよろしくお願いいたします。

セミナー概要

コンプライアンスやガバナンスの強化がより一層求められる昨今、企業法務の重要性はますます高まりを見せています。一方で、働き方改革断行の年といわれる2017年は、労働時間の短縮と生産性の向上が最大の経営課題となっています。そうしたなかで、重要文書である契約書の管理は、重要ではあるけれどもそればかりに時間を取られてもいられない、非常に悩ましい業務のひとつになっていることでしょう。

会社の事業が拡大すればするほど契約書の数はどんどん増えていきます。管理がしっかりできていないと、法務部や総務部などの管理部門では、契約内容の更新や他部署からの問い合わせ対応のための検索・確認作業に多くの時間と人員を割かれ、他部署にもストレスを与えてしまいます。

スキャン保存を推進していくにも、これ以上の追加業務にはとても対応ができないという状態に陥り、管理方法の効率化と厳格化の両立には、頭を悩ませながらも有効な解決策を見いだせずにいるのが現状かと思います。

本セミナーでは、

第一部で、本年5月30日に施行される改正個人情報保護法も踏まえた近年の情報法を巡る動向や、多くの訴訟案件を経験した弁護士だから伝えられる、社内の文書管理を考える上で必要な基本的な法律知識について、お話し致します。

第二部では、多くの企業に改善実績を持つ文書管理コンサルタントが、労働時間の短縮と生産性の向上を、低予算で実現できる効率的な管理方法について改善事例を含めてご紹介致します。

契約書管理のための法律知識~なぜ契約書を保管しなければならないのか

業務効率化や生産性向上のために,契約書を含む文書(紙媒体)の電子データ化を進めるなど,文書管理の改善へ向けた取り組み進めている企業は少なくありません。

ですが,社内の文書管理を本当の意味で改善していくためは,そもそも「なぜ文書を保存しなければならないのか」「保管している文書が,実際の訴訟でどのような意味を持つのか」といった本質を押さえることが必要です。

本セミナーでは,本年5月30日に施行される改正個人情報保護法も踏まえて,近年の情報法を巡る動向や,多くの訴訟案件を経験した弁護士だから伝えられる,社内の文書管理を考える上で必要な基本的な法律知識について,お話し致します。

講師

大橋 良二 氏東京弁護士会 弁護士法人 新潟第一法律事務所東京事務所 理事 東京事務所 所長

労働時間の短縮と生産性の向上を、低予算で実現できる契約書の効率的管理

文書管理の中でも、煩雑になりがちで厄介なのが契約書の管理です。社内のあらゆる契約書を一元管理したくとも、各部署や支店でバラバラに管理している原本と情報を集約するのは至難の業でしょう。更に、1件1件の契約期間を見落とさずに、有効・失効の契約状況を常時把握していくには大変な労力を要するのではないでしょうか。

とはいえ、万一の訴訟リスクに備えて適切に管理していくことが望まれます。また有事の際には、契約書のみならず関連する情報も即時に収集できる体制もつくっていかなければならないでしょうから、契約書管理を足掛かりに、全社的な文書管理の見直しを図っていくことが肝要です。そこで本セッションでは、低コストで実現できる契約書の効率的な管理方法を、事例をまじえてご紹介します。

講師

石原 大輔セキュリティリサイクル研究所 文書管理コンサルタント
金融機関や上場企業を中心に、幅広い業種の法人企業に対し、個人情報を含む機密文書管理の改善提案を通し、業務効率化やオフィス環境改善を手掛けた実績を持つ。現在は、その中でも多くの企業から相談が絶えなかった契約書の管理に特化したソリューションに注力している。

管理部門の方、こんな社内の契約書に関する問題を解決します

○部署・支店ごとでどんな契約書があるのかわからず、確認するのも一苦労
  各部署で締結している契約書の情報を社内で共有するには、どうしたらいいの?

○台帳の情報もスキャン保存された電子データもあったりなかったり
  台帳の作成や原本のスキャン作業に手が回らず不完全な状態なので、確認したい情報を探すにもかえって時間がかかるという悪循環……。

○契約書の期限管理ができていない
  他部署で締結していたから期限が終了していたのを知らず、プロジェクトを進めてしまった……。

○契約書の原本が見つからない
  データはあるけど、肝心な契約書原本が紛失……。

○システム化したいけど、自部署の限られた予算では導入できない
  契約書管理システムの見積をとってみたらとんでもない金額がでてきて、とても稟議は上げられない。

同様のセミナー受講者の声

情報収集していた費用感とは“ケタ”が1つ違いました。
こんなに手頃なら思っていたよりも早く導入までの検討を進められそうです。

法務部課長, IT通信サービス

継続性のある無理のない管理方法を構築することが大事だと痛感しました。
内製化してコストをかけない事に拘っていましたが、かえって見えないコストが嵩んでいると感じました。
うまくアウトソースを活用していくことを考えていきたいと思います。

法務・コンプライアンス室室長, 生保系システム

「紙媒体と電子媒体を併せた情報管理システム」と理解しました。
費用との兼ね合いになりますが、シンプルでよくできていると思います。

業務プロセス改革部ITソリューション室 マネージャー, 製造業

文書管理の進歩を体感することができ有意義でした。

法務部, 製造業

情報管理の重要ポイントが理解でき、目からウロコの思いでした。
今後取り組むべき課題が次々浮かびました。

総務部購買部, 電気機器メーカー

開催概要

日時

6月23日(金) 15:30 – 17:30(受付開始 15:15)※受付終了

対象

法務部、総務部、契約書主管部署 等のご担当者さま

・お申し込みの人数によっては抽選になることがございます。その場合は事前にご連絡させていただきますので予めご了承ください。
・より多くの企業さまにご参加いただくため、同じ企業さまから複数お申し込みをいただいた際には、参加者さまのご調整をお願いする可能性がございます。
※競合にあたるお客さまについてはお断りする場合がございます。

定員

15名

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社セキュリティリサイクル研究所

会場

株式会社セキュリティリサイクル研究所 東京本社 セミナールーム

東京都中央区日本橋本石町3-1-2 FORECAST新常盤橋 6階

>>詳しい交通アクセスはこちら

タイムテーブル

 受付開始
約40分契約書管理のための法律知識 ~なぜ契約書を保管しなければならないのか
約60分労働時間の短縮と生産性の向上を、低予算で実現できる契約書の効率的管理
約10分質疑応答
 終了
 個別相談会
セミナー終了後に個別相談を承ります。セミナーでは聞けなかったご質問や文書管理に関するお悩みなど、どうぞお気軽にご相談ください。

お申し込み

下記フォームに必要事項をご記入ください。
※1回のお申し込みにつき1名様の受付となります。複数名でご希望の場合は各受講者ごとにお申し込みください。