オフィス移転・レイアウト変更時の文書管理

オフィス移転・レイアウト変更時の文書管理

最近の企業のオフィス移転理由

“企業の移転動機が変化し、2008年以降長く続いたリストラを目的とした後ろ向き移転から、事業拡大を企図した前向き移転が主流”※になってきているようです。 反対に、賃料削減といった消極的移転動機は少なくなっております。※ザイマックス不動産総合研究所・調査レポートより

家賃の上昇

今後の都内のビル供給については、2016年~2020年の5年は過去平均並の水準と予測されていますが、復興需要や東京オリンピックの影響で建築費の高騰や職人不足が深刻化すると見られ、ますます家賃が上昇すると予測されています。
そこで、今でしょ!!とばかりに移転を検討している企業が多いようです。

オフィス面積確保のために、文書削減!

雇用情勢の改善による企業の人員増員などにより、オフィス移転を検討されるケースも多いです。1人あたりのオフィス面積を維持しようとすると、オフィスの増床が必要になってきますが、賃料コストは現状維持したいという企業が多いと思われます。
固定費となる賃料アップを避けるためにも、オフィス移転やレイアウト変更時に文書管理を見直し、外部倉庫の活用やペーパーレスなどで文書削減することが非常に有効です。

移転時の文書管理プロジェクトの進め方

そこで、ぼくからは「移転時の文書管理プロジェクトの進め方」についてセミナーで説明させてもらいました。
オフィス移転時は文書管理を始めたり、特に文書削減の大チャンスなんだけど、移転時はとても忙しく、リソース不足になり、どうしても上手くいかないことが多いんだよね。
そんなときの文書管理の進め方“3つのポイント”

  1. 手間無く(すぐに)
  2. リスク無く
  3. 移転後も文書がたまらない

この具体的な方法を説明させていただきました。

移転時の文書管理のポイント

どうすれば文書の管理を各部署がわかりやすく、手間無くコア業務(移転)に集中できるのか?
どうすれば一時的な整理ではなく、移転後にも継続的に文書管理ができるのか?
どうすれば情報漏洩の心配なく、余分な文書がたまらなくなるのか?
セミナー資料のご提供や、個別セミナーはいつでも開催しますので、お気軽に声をかけてください。また、弊社の事例やソリューションを利用しての解決方法をお知りになりたい方は、ぜひご相談くださいケロ!

できれば移転の前に
文書を削減したいですね!

移転計画時は
ぜひSRIへお声掛けを♪